monotone blog ホーム

2010年4月7日

長谷川穂積 自伝 意志道拓

意志道拓
意志道拓

posted with amazlet at 10.04.06
長谷川 穂積
ベストセラーズ
売り上げランキング: 2004

長谷川穂積さんが、初の自伝を出したそうです。

WBC世界バンタム級チャンピオン、“絶対王者”と呼ばれる長谷川穂積氏の人生訓。『意志道拓』を座右の銘にするチャンピオンの苦境における、克つための考え方、生き方に迫る。

月末、試合を観に行くので、それまでには読んでおきたいなぁ。。。

あと、山下会長の「トレーナーはマル暴刑事(デカ)」という本もとても面白そうです。

天下の山口組を抱える兵庫県の、マル暴デカだった著者が、ボクシングジムのトレーナーになった。ずぶの素人として飛び込んだボクシング界で、戸惑いながらも数年で世界チャンピオンを育てた。王者の名は長谷川穂積。二人の絆はいかに結ばれ、10度防衛の絶対王者はどう作られたのか。かつて、刑事とやくざの不思議な関係を築く中でも、犯罪の情報をつかむために、ある意味での“信頼”を著者は得てきた。その半生が示す、未知の世界への挑み方。

とりあえず買っておいて、会場に向かう新幹線の中で読もうかな・・・新幹線の車内では仕事をする気満々で、確実に電源を確保できる席を取ってあるんですけどね(^^;

カテゴリ:本の紹介,独り言 — zon @ 12:20:56 Permalink Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.