monotone blog ホーム

2010年3月23日

ドラゴンクエストへの道

今から20年前に発売された「ドラゴンクエストへの道」という、ドラクエ(もちろん「1」です)の開発物語を描いた本(マンガ)があります。

高校生の頃、学校の近くの書店に置いてあったので、そこで何度も何度も立ち読みしていました。昔から、こういったメイキングものが大好きだったようです(^^;

ところが、ある日、いつものようにこの本が置かれているコーナーに行ったのですが、どこを探しても見つかりませんでした。(売れてしまったのか、返品されたのか・・・)

まぁ、いつか買おうとは思っていたのですが、この時点では、すでに内容も完全に覚えていましたし、わざわざ書店に注文して買う程の事もないだろうと思い、結局そのままになっていました。

で、それから10年以上経って、なぜか急に読みたくなったので、Amazonのマーケットプレイスで単行本を購入し、最近また新書版の方も購入しました。(Amazonがある時代でよかった(^^;)

どちらも内容は全く同じなんですが、私が今この仕事をしているのも、もしかするとこの本のおかげかも知れないので、「人生を変えた本」のうちの一冊として、記念(?)に購入しました(^^;

カテゴリ:本の紹介,独り言 — zon @ 13:40:40 Permalink Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.