monotone blog

人生は楽しむためにある!素敵な人生は幸せな毎日から♪ 田舎で気ままに暮らすフリーランスSEの日常を綴るブログ。

物欲 独り言 自転車

カーボンホイール(BORA ONE)と同時に購入した小物たち

投稿日:

昨日書いた通り、念願のカーボンホイール「BORA ONE」を購入したのですが、同時に必要な小物類も色々と購入しました。

カセットスプロケット

まず、カセットスプロケットはこれまで使っていたモノ(DE ROSA R848の純正)と全く同じ「カンパニョーロ ヴェローチェ10S スプロケット 12-25T」です。

たまにですが、もう少し歯数の少ないギヤが欲しいと思う場面があるので、11Tを含むモノに替えようかとも思いましたが、とりあえずは無難に同じギヤ比で行こうと思います。
(上位グレードへの交換も検討しましたが、お財布が悲鳴を上げたので断念しました(^^;)

チューブラータイヤ

私にとってはじめてのチューブラータイヤは「ビットリア CORSA CX ブラック/レッド」を選択しました。(前後輪用と予備として携行する用の計3本を購入。)

これまでは、クリンチャー版の「ビットリア OPEN CORSA CX3 ブラック/レッド」を使っていましたので、全く違和感はなさそうです。(トレッドパターンやサイドのカラーラインなども同じです。)

リムテープ

あと、ホイールとタイヤを接着するための「MIYATA(ミヤタ)TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m」も購入しました。

接着力の高い「リムセメント」を勧める方も多いみたいですが、初心者の私は手軽さを優先してリムテープを使うことにしました。まぁ、舗装路を走る限り、特に問題はないと思いますし。

シーラント剤

ビットリア Pit Stop TNT EVO シーラント剤 200ml」も購入しておきました。

これをタイヤに入れておくことでパンクを防ぐ効果があるそうです。ただ、パンクした後で入れても効果はあるらしいので、予め入れておくかどうか、今のところまだ検討中です。

ブレーキシュー

カーボンホイールを使う際は、カーボン用のブレーキシューを使う必要があります。

BORA ONEには専用のブレーキシューが付属するのですが、色々なブログ等を読んでいると、かなりの爆音(?)を発生するらしいので、「BBB カーブストップ シュー カーボン カンパ ホワイト BBS-25C」を購入してみました。

カンパ純正のブレーキシューは使わずに、はじめからコチラを装着しようと思っています。

その他

あと、予備タイヤをサドル下に吊るために、トゥストラップも購入しておきました。

というわけで、これで準備万端のハズなので、早く諸々の交換・調整等をすませて、試走したいと思います♪(^^;

商品紹介

カンパニョーロ BORA ONE カンパ用 チューブラー 前後セット
カンパニョーロ
売り上げランキング: 562,131
カンパニョーロ ヴェローチェ10S スプロケット12-25T 12-25T
カンパニョーロ
売り上げランキング: 173,950
MIYATA(ミヤタ)TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m
MIYATA(ミヤタ)
売り上げランキング: 6,309
R2VT178804X Pit Stop TNT EVO シーラント剤 200ml
ビットリア
売り上げランキング: 204,172







-物欲, 独り言, 自転車

執筆者:

関連記事

no image

フェリーで九州・・・

友人一家がフェリーで九州に行くということで、六甲アイランドのフェリー乗り場まで車で送ってきました。 夕方出港して明日の朝に着くそうです。なかなか大変ですね・・・。 まぁ気をつけて、楽しんできてください …

no image

久しぶりのボーリング(^^;

今日は、うちの夫婦と友人夫婦の4人でゴルフに行く予定だったのですが、雨が降っていたので急遽キャンセルしました(^^; 一応みんな集まって、近くのコンビニでギリギリまで天候の回復を待ったのですが、無理そ …

出生届

今日は、午前中に娘を小児科に連れて行き、帰宅して昼食を食べたあと、午後からは市役所へ。 息子の出生届を出して、健康保険やこども手当の手続きなどをしてきました。 役所関係の手続きはこれで終わったと思うの …

ナンプラー♪

タイに赴任している友人が現在一時帰国しているのですが、お土産にナンプラーを買ってきてくれました♪ 本当にありがたいことです。。。m(_ _)m ナムプラー 近海で水揚げされるアンチョビ類を、7か月から …

半断食?

昨年くらい(?)から、本や雑誌で「半断食」という言葉を何度か目にしたので、「半断食」健康法という本を買って読んでみました。 (偶然にも、以前読んだことのある「男が病気にならない生き方」と同じ著者の本で …