monotone blog ホーム

2013年6月1日

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」

遅ればせながら、先日ようやく「Kindle Paperwhite」(と、専用レザーカバー)を手に入れました。

今さら説明するまでもないとは思いますが、

Kindle Paperwhiteはワイヤレス接続で簡単に本をダウンロードできる、持ち運びに便利な電子書籍リーダーです。

本物のインクを使用したe-ink スクリーンを採用し、紙と同じ感覚で快適な読書が体験できるよう開発に努めました。Kindle Paperwhiteなら明るい日差しの中でも、反射を気にせず読書を楽しむことができます。

とのことで、電子書籍の閲覧に特化した専用デバイスです。

Amazonで購入できる専用の電子書籍(Kindle本)を読む以外に、好きなPDFを本体に入れておいて読むこともできます。

パッケージを開けるとこんな状態です。

多くのブログなどで「本体の上に紙が置いてあると思った!」と書かれていましたが、(この写真ではちょっと伝わりにくいんですけど)本当にそんな印象でした。

まぁ、私はすでに他の方の開梱レビュー等を読んで、これがスクリーンに表示されたモノだと知っていたので、特に驚きはなかったです。。。(^^;

上記の通り、この端末の画面は、iPadやKindle Fireなどの「液晶」ではなく「e-inkスクリーン・電子ペーパー」なので、(その特性上、ページの書き換え時にチラツキが発生するのですが)一旦ページを表示してしまうと、まさに印刷物を見ているような感じです。

まだ、長時間使用した経験はないのですが、その評判通り、目に対する負担はかなり違ってくるような気がします。

本体も小さくて軽いですし、バッテリーもかなり長持ちするようなので、これからは常にカバンに入れて持ち歩こうと思います♪

私自身、これまではiPhone&iPadのKindleアプリを使っていたので「これ以上ハードウェアを増やさなくても・・・」とも考えていたのですが、やっぱりコレはおすすめです!

商品紹介

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

posted with amazlet at 13.05.30
Amazon.co.jp (2012-11-19)
売り上げランキング: 2

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.