monotone blog ホーム

2013年4月7日

phpMyAdminのインストールメモ(CentOS 6)

お客様のサーバー(CentOS 6)にphpMyAdminをインストールする機会があったので、その時の作業メモ。(かなり久しぶりなので、色々と変わってました&忘れてました(^^;)

最新版(3.5.7)のパッケージを普通にインストールすると、とりあえずはログイン出来るようになるのですが、エラーがいくつか発生しました。

まず1つめ。

設定ファイルに、暗号化 (blowfish_secret) 用の非公開パスフレーズの設定を必要とするようになりました。

とのことなので、設定してみます。

まず、パッケージに含まれている設定ファイルのサンプル「config.sample.inc.php」を「config.inc.php」に複製して、

「hoge」の部分に適当なパスフレーズを設定すればOKです。

次に2つめ。

phpMyAdmin の設定保存場所が完全に設定されていないため、いくつかの拡張機能が無効になっています。

とのことなので、画面の指示通りに設定を行います。

設定保存用のデータベースとユーザーを作ってやる必要があるのですが、データベース作成の為のsqlは用意されているので、それ(/examples/create_tables.sql)を使います。

これで、「phpmyadmin」データベースと12個のテーブル、「pma」ユーザーが作成されます。

次に、1で作成した設定ファイル「config.inc.php」のコメントアウトされている部分を有効にします。

ここは、コメントを外してパスワードを書き換えるだけです。(素直にユーザー名を「pma」にした場合)

最後に3つめ。

mcrypt 拡張がありません。PHP の設定をチェックしてみてください。

というエラーが出ているので、下記で「php-mcrypt」をインストールします。

これでサーバーを再起動して、あらためてphpMyAdminにログインすると、全てのエラーが解消されました。めでたしめでたし。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.