monotone blog ホーム

2008年11月4日

F1 2008 第18戦 ブラジルGP

2008年のF1最終戦はまさに劇的な幕切れ!ファイナルラップの最後の数秒で大逆転が起こりました。

チャンピオン決定の最終戦に相応しい、本当に見応えのあるレースでした。

地元のマッサがポール・トゥ・ウィンを決めましたが、最後の最後で5位に入ったハミルトンが、トータル1ポイント差で史上最年少のワールドチャンピオンに輝きました。

個人的にはマッサを応援していたので少し残念ですが、それでもレース後のマッサのインタビューを見て、来年はもっと強いドライバーになるのではないかと思いました。楽しみです。

今年はF1に対する興味が少し薄れてきて、後半はほとんどリアルタイム観戦できませんでしたが、来年はもっと面白くなって欲しいと願っています。

カテゴリ:F1,独り言 — zon @ 13:26:11 Permalink Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.