monotone blog ホーム

2013年2月6日

20年越しの熱い想い・・・

1992年10月24日、当時16才だった私は、溢れんばかりの期待を胸一杯に抱いて、夜行バスの狭いシートに身体を預けていました。

そして結局一睡もできないまま、翌日未明、バスは三重県の鈴鹿サーキットに到着。
F1世界選手権 第15戦 日本グランプリを観戦するためです。

私は小さい頃からモータースポーツが大好きで、テレビでよくF1やF3000のレースを観ていたのですが、この時までは実際にサーキットへ足を運ぶ機会はありませんでした。

ただ、レースを生で観戦したいという気持ちは強くなる一方で、高校生になったこの年、半ば強引に友人を誘って、ようやく初めてサーキットに行けることになったというわけです。
(小遣いは全然なかったので、日曜日のみの自由席券を買って、夜行バスで鈴鹿へ。)

この年は、ウィリアムズ・ルノーのナイジェル・マンセルがハイテク機「FW14B」で圧倒的な強さを見せていて、日本人ドライバーも、亜久里さんと右京さんの二人が参戦。とても面白いシーズンでした。

でも、そんなことは関係なく、とにかく初めて目の前を走り抜ける本物のF1マシンのスピードと音と匂いの迫力に、16才の私は完全に心を奪われました。

レースが始まるまでは、観客席を埋める15万人の中の一人でいることがとても嬉しかったのですが、レースが進むにつれ、コース上の二十数人に加わりたいと思うようになっていました。

そして帰りのバスの中では、「今度鈴鹿に来るのは、観客としてではなく、レースに出る時だ!」と一人で決意を固めていました。(若気の至りというヤツです(^^;)

その後、F1ドライバーがどうやってレースの世界に入ったかを調べると、その多くはカート経験者だということが分かったので、すぐに神戸市にあったレーシングカートの専門ショップに連絡して色々と教えてもらいました。

さらに、宝塚市のカート場に通って、小遣いの続くかぎりレンタルカートを走らせ、国内B級ライセンスも取得しました。

ただ、当然のことですが、普通の高校生が自分のカートを買ってレース活動をするなんていうことができる筈もなく、徐々にテンションは下がっていきました。

また、ちょうどその頃に巡り会った「ドラゴンクエストへの道」というマンガや、録画して何度も観たNHKスペシャル「新・電子立国」シリーズなどの影響によって、憧れの職業が徐々に「プログラマー」に変わってきました。
(そして現在は、なんとか無事にプログラムを書いて生活をしてます(^^;)

もちろん、この仕事をはじめてからもF1に対する興味は失われず、(最近は観なくなってしまいましたが)子供が生まれるまでは、毎年全てのレースの予選・決勝をリアルタイム観戦(CS)していました。

でも、それだけ興味があったにも関わらず(チャンスも十分あったんですが)、何故かサーキットでF1を観ようという気にはならず、結局あの日以来、鈴鹿には一度も行ってません。

もしかすると、心の奥底に、16才の頃の自分の決意が生き続けていたのかも知れません(^^;

・・・え〜と、何を書いているのか分からなくなってきましたが、そろそろ結論。

ついに、自分との約束を果たす時が来ました!
5月に鈴鹿サーキットに行ってきます!
もちろん、観客席じゃなく、コースを走るために!

というわけで、「2013 スズカ8時間エンデューロ 春SP」にエントリーしました♪
(最初から、この1行だけを書けば良かったんだ。。。(^^;)

残念ながら、当日コース上には、マンセルやセナ、パトレーゼ・ベルガー・アレジ・・・などはいませんが(あ、右京さんはいるかも?(^^;)、友人達と一緒にド素人3人の即席チームで、8時間の耐久レースをノンビリ走ってきます♪

カテゴリ:F1,独り言,自転車, — zon @ 07:01:07 Permalink Comments (5)

5 Comments »

  1. 1992年のF-1・・・私が最も面白かったと感じるシーズンです。
    逆にその年を境にF-1をほとんど観なくなっちゃいました。
    年寄りの愚痴ですが、マンセル、ピケ、プロスト、ピケ、ベルガー、パトレーゼ、アレジ
    などなど、書きだすとキリがありませんが、昔はドライバーに華があった!
    クセ者揃いで観てて楽しかった!
    何と言っても私が1番好きなドライバーがマンセルですから(笑)
    彼が’92年に総合優勝した時は嬉しかったな~。
    その翌年彼が現役チャンピオンのまま、インディに移籍したので、私も彼を追いかけインディに行きました。勿論TV観戦で・・・。
    今思えば、’91年マツダがルマン総合優勝、’92年マンセルF-1優勝、そして’93年マンセルがインディでいきなり総合優勝・・・と、この3年間は私のモータースポーツ観戦歴でも最高の3年でしたね。
    P.S
    鈴鹿参戦応援しております!

    Comment by ARA! — 2013/02/06 @ 09:40:46

  2. ARA!さん、こんにちは♪
    いやぁ、全編共感できるコメントをありがとうございます!

    ホント、昔のF1は良かったですよね!(おっしゃる通り、こんなコトを言い出すと完全にオッサンの愚痴になってしまいますが。。。(^^;)
    ドライバーそれぞれの個性が走りに表れて、観ていてワクワクさせられました。

    僕もマンセルは大好きでした♪
    ちょうど92年のモナコでのセナとの死闘が忘れられません!
    懐かしいなぁ。。。(^^;

    > 鈴鹿参戦応援しております!
    ありがとうございます!
    なるべく周りの皆さんの邪魔をしないよう、コッソリひっそりノンビリと鈴鹿サーキットを堪能してきます!(^^;

    Comment by zon — 2013/02/06 @ 10:02:10

  3. 東野さん、ARA!さんお2人もF1好きなんですね!
    マンちゃん。いいキャラでしたね~。
    今はああいういい意味で人間くさい人がいないのが残念ですね。
    ボクも、今も好きですが高校3年間は特にどっぷりハマっていました。
    セナ・プロが1コーナーで散り、ピケ・モレノ・亜久里がポディウムに乗ったレースを
    高3の時に見に行きました。
    なので鈴鹿って聞くとテンションがあがります(笑)

    しかも自転車乗るまでそのコースを走れるって知らなかったんでびっくりしました。
    聞いたところによると、車とは逆向きに回るそうですね。
    いつかは出てみたいです。

    頑張ってください!

    Comment by ロゴ夫 — 2013/02/10 @ 01:11:47

  4. ロゴ夫さん、こんにちは♪
    亜久里さんの表彰台を現地で観られたんですか!羨ましいです!
    たしか、90年の鈴鹿ですよね。僕も、テレビの前でもの凄く興奮したのを覚えています。

    憧れが強い分、自分なんかが鈴鹿を走ってイイんだろうか?という思いも多少あるのですが、まぁ、ノンビリと走ってこようと思います!

    > いつかは出てみたいです。
    是非!毎年、春と秋に開催されてるみたいなので、今年の秋にでもいかがですか!?(もちろん、春もまだ間に合いますけど!(^^;)

    > 頑張ってください!
    ありがとうございます!周りに迷惑をかけないよう、頑張ります!(^^;

    Comment by zon — 2013/02/10 @ 06:17:50

  5. […] (番外編)20年越しの熱い想い・・・ […]

    ピンバック by スズカ8時間エンデューロ 2015 秋SP 残念ながらDNS! | monotone blog — 2015/11/16 @ 03:07:57

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.