monotone blog ホーム

2012年9月9日

ライカ M モノクローム

ライカがモノクロ専用カメラを発売したということで、非常に興味があります。

ライカ M モノクローム
ライカM モノクロームは、新たに開発したモノクロ撮影専用の撮像素子を搭載し、高画質なモノクロ写真を撮影することができる、世界初の35mmフルサイズセンサー搭載モノクロ専用デジタルカメラです。

撮像素子は有効1800万画素で、Mレンズの高い描写性能を余すところなく引き出せるよう最適に設計されています。この撮像素子は色を「見る」ことはせずに各画素が輝度を忠実に記録し、色を認識する撮像素子を搭載したデジタルカメラよりもはるかにシャープな描写で「正真正銘の」モノクロ写真を撮影することができます。

撮像素子からの専用設計でモノクロ写真に特化しているということで、スゴイ写真が撮れそうな気がします。う〜ん、欲しい!

でも、Mシステムの標準レンズと合わせて買うとすると、きっと軽自動車が買えるくらいの金額になりますよね。。。
ヨドバシ.comで買うと、ボディとf2.0の標準レンズ「アポ・ズミクロンM f2.0/50mm」をあわせて、1,522,400円ですね!)

こういうのがサッと買えるような立派な大人に早くなりたいです(^^;

カテゴリ:カメラ・写真,物欲,独り言 — zon @ 00:14:49 Permalink Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

monotone blog - Copyright(C) 2004-2014, zon. All rights reserved.